読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来予想図

伝えなかったときの

未来予想図は

簡単にできる

 

「お疲れ様!」

と、皆で集まり

思い出話で盛り上がり

バイバイ、またね」

と、不確かな約束をするのだろう

 

私はきっと笑って

君が居なくなって泣くのだろう

 

伝えた場合は?

 

何かが変わるのは確かであって

伝える前には戻れない

 

伝えることも

伝えないことも

怖くて仕方がない

 

私しか、答えを出せない。

 

イムリミットは近づいている。

 

小さく消えてみた

不機嫌な訳でもなく

元気がない訳でもなかった。

ただ

君の声を聞くと

涙が出そうになって

じっと堪えてただけ

 

二人でいると

たくさん話せるのに

積極的な女の子たちが

君と話してると

私はまったく話せなくなる

 

二人でいるときは

お互いに

ゆっくり歩いて

ゆっくり話して

好きな音楽を聴いているように

心地よいのに

今日は

早いリズムに合わせて

様々な音が鳴り響いて

耳を塞ぎたくなった

 

同じ空間の中

心は宙を舞っていた

 

近くにいるのに

君の声が遠く響いた。

 

私の姿は

どう映っていただろう。

厄介な気持ち

あの人は決して

私といるときに

彼女の話をしない

 

あの人は決して

どんなに冗談を言い合っているときも

私に指一本触れない

 

お酒を飲むと

ワガママになる私に

付き合ってくれる

 

私の気持ちに

気付かないふりをしながら

前よりも

私に優しい

 

いっそのこと

突き放せばいいのに

 

バイバイ

あの人と別れた後は

いつも苦しい

 

私が諦めれば

すべては終わること

友達と割りきれればいい

何度も自分の心に呼び掛けているのに

 

私は今日も

布団の中で

あの人に会える日を夢見ている

 

 

 

正直すぎる気持ち

大好きだけど

告白するつもりはない

今は。

フラれることよりも

今の関係が壊れることが恐い。

今の

友達以上親友未満の関係は

とても心地好い

何でも話し合えるのに

ふいにドキッとさせてくる

このままでいい、このままがいい

だけど

彼女には嫉妬する

私から土日の予定を聞いておきながら

「彼女と行くんだろうな」

と思うと、ひどく落ち込む。

中途半端な自分が嫌いで

今は答えを出したくないというのが

今持っている答えでもある。

何でこんなに好きになっちゃったのかなぁ。

 

 

小学生時代

私は今、小学校で働いているけど

小学生のとき、どんな授業を受けたのかほとんど覚えてない

どうしてか、今さら思い出したけど

授業が始まって「つまんない」と感じた瞬間に、空想の世界に入り込んでいたからだ(^-^;

空想の内容は

「今、地震が起きたら」「芸能人がサプライズでやってきたら」「自分が透明人間だったら」

など、色々。

授業終わりの挨拶で現実世界に戻ってきていた

ノートはしっかり書いてたから、先生から見たら真面目な子だったんだろうな(^-^;

いまだに「つまんない」と感じたら、いつでも空想の世界に飛んでいけます(*´∀`)♪

 

そんなマイペースさんだから

図工➡期限までに仕上がらない&途中で部品をなくす

体育➡水泳の着替えが一番最後で、プールサイドに行くときは皆、体操が終わってる

音楽➡リズムがワンテンポ遅れてる

家庭科➡エプロン仕上がらない

といった感じでした。

 

ただ、作文だけは、書きたいことが溢れて何枚でも書くことができました。

 

もし、私が器用で何でもこなせたら

教師にはならなかった。

周りより1テンポ遅れて

皆の背中を見てたから

教師になった。

厳しさや指導力が足りないのは分かってるし

正直、私は頼りない。

そこは勉強していかなきゃならない。

だけど、何よりも

「誰もひとりぼっちにしない」教師になりたい。

皆に置いてかれたときの、ひとりぼっちの教室の寂しさを知っているから。

皆の背中を見ている子どもが

置いてきぼりを感じないように

「先生はいつでもそばにいるよ」

と、伝えていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

ふらり

blogでの私の名前は「ふらり」

 

これは、ゆずの「ふらり」という曲が由来です(´- `*)

 

大好きなあの子は、いつも他の人の横顔を見つめてる

 

だけど、諦めきれなくて今日も僕は「いい人」を演じてる

 

そんな内容の歌詞で、明るく切ない歌です。

 

基本的に片想いsongは好きです。

 

ゴールデンボンバーの「片想いでいい」は、どうにもならない悔しさが込み上げてくるし

 

奥華子さんの「片想い」「恋」は可愛くて健気で

 

柴田淳さんの「片想い」は、共感して何度も頷いちゃうし

 

中村中さんの「友達の詩」は、すごく感情こめて歌っちゃうし

 

岡本真夜さんの「Alone」は好きになった人が親友の彼と分かった切なさを歌ってるし

 

19の「恋」は期待して待ってたけど、勘違いだったのかなぁという気持ちが溢れてるし

 

ネプチューンの「イッショウケンメイ」は、好きだから何も壊したくない気持ちが今の私にあっているし

 

阿部真央さんの「ヤだ」は、あなたの好きなものは何でも好きになりたいけど、あなたの彼女だけは嫌いなの!と、とても素直だし

 

片想いsongって、良いですね(´- `*)

 

今日は久々にKくんに会えました。

会えない日は「このまま諦められるかも」

とも思ったけど

会うたびに恋に落ちちゃうから

これはもう

どうしようもないですね⭐

彼女がいる人を好きになったら

彼女がいる人を

好きになったことを

「悪いこと」にしないで。

心は

「好きになろう」と思って好きになるわけじゃないし

「嫌いになろう」と思って嫌いになれるわけじゃない

「好きかも」と気づいたときにはもう、夢中になっているんです。

 

周りが色々言ってくるんです。

中には私を「悪者」として捉える人もいるんです。

私も自分をそう思いそうになるんです。

周りの人が想像するよりずっと

苦しいんです。

 

それでも

彼女がいる人を

好きになった

自分の気持ちだけは

否定しちゃいけないんです。

 

つらいね、苦しいね、好きなんだね。

 

受け止めよう。

 

彼女になりたいなんて言わないから

ずっと友だちでいいから

気持ちが落ち着くまで

このまま、好きでいさせてください。

いつか

思い出にできればいい。